BtoB企業のための“ワンストップPRサービス”

業務概要

①広報PR業務
  新聞、雑誌、テレビなどのメディア(媒体)に対してニュースリリースや記者発表会という手段を使って情報発信をする業務を請け負います。それにより、クライアント企業は記事掲載などのパブリシティの結果を得られます。
②セールスプロモーション業務
  展示会のブースをつくったり、販売促進用の映像を作ったり、その他プロモーションイベントの企画、運営を行ったりします。
③技術コンサルティング業務
  主として半導体関連の材料開発や装置開発のコンサルティングを行います。
④営業支援業務
  生産財(B to B)営業のコンサルティング、セミナーならびに営業代行を行います。

 アルゴマーケティングソリューションズはこれらの4つの分野をバラバラに行うのではなく、クライアントの要望にあわせて最適な形を組み合わせて、問題解決策を提供します。特に①の内容を②〜④と連動させて行う手法で、これは創業以来広報PR業務の経験を蓄積してきた弊社が2017年から開始した、弊社独自のマーケティング手法です。創業は2000年ですが、それ以前の1990年代から代表が中小企業診断士として建築、エレクトロニクス、環境分野でのマーケティングコンサルティングを行っていました。2000年の創業以来、そこに広報やセールスプロモーションの業務を付加してクライアントに提供してきました。2003年以降は、アメリカ、シリコンバレーの技術やイタリアのデザインなどインターナショナルな提携も行い、ソリューションのメニューを増やしてきました。現在でもシリコンバレーやイタリアとの強い連携のもと、半導体業界を中心に業務を行っています。

 マーケティングやセールスプロモーションは、歴史的にも一般的にも消費財(B to C)を中心に展開されてきました。B to B企業は、その販売拡大においては主として営業一辺倒で行うケースが多く、マーケティングの手法を取り入れる事例はあまり多くありませんでした。マーケティング理論もほとんどが消費財を中心に研究された成果であり、生産財のものはあまり例がありません。当社はフィリップコトラーの理論をはじめとして体系立てたマーケティング理論をベースに、独自の生産財向けマーケティング手法を模索、構築してきました。
ABOUTページ内の「企業理念」、「沿革と未来」を併せてご参照ください。

アルゴの4つのサービスパーツ

各ページへのリンクで詳細をご覧いただけます。

PR(パウリックリレーションズ業務) ・・・ 恒常的なメディア露出体制を構築
        例:ニュースリリース作成・発信、記者発表会、メディア訪問等によるメディアリレーションの構築・強化。

SP(セールスプロモーション業務) ・・・ 効果的な展示会企画・運営と活用
        例:展示会を基軸にして、PRとの連携、SNSやウェブを使った情報発信。

TC(技術マーケティングコンサルティング業務) ・・・ 技術をビジネスに変える事業推進
        例:パワーデバイスに関わるイノベーションのビジネス化。

SS(BtoB営業支援業務) ・・・ BtoB提案営業メソッドの提供、営業コンサルティング
        例:人材育成、成果重視の研修の実施、営業担当者の個別指導

契約までの手順

まずはじめに、こちらからご提示するヒアリングシートに基づき、弊社に求める内容、目標等を対面でヒアリングさせていただきます(状況に応じてスカイプで行うこともあります)。

ヒアリング内容に基づき、活動プランをご提案します。

リテーナー契約か単発契約のどちらで活動するかは、ゴール設定、業界、テーマを踏まえて、両者で討議のうえ設定します。

その内容が確認できたら業務委託契約を締結して活動を開始します。

                

リテーナー契約について

活動プランに基づき、毎月一定の料金で、最短1年稼働する契約です。

料金の目安はヒアリング実施後にご提示します。

その上で、目標設定とそれに合わせた稼働内容の詳細を両者で検討、協議し、料金を決定します。

期間中に想定される別途費用の有無は必ずお知らせしますので、途中から別途費用が発生する心配は不要です。

                 

単発契約について

活動プランに基づき、記者発表会の企画運営や展示会出展のみなど、まずは単発で行ってみたいという場合の契約形態です。

各サービスパーツのうち専門性の高い実務にフォーカスした活動も単発契約で請け負います。

料金の目安はヒアリング実施後にご提示します。

その上で、目標設定とそれに合わせた稼働内容の詳細を両者で検討、協議し、料金を決定します。

                 

お問い合わせ

コンタクトフォームメール、電話(03-5533-8808)、ファックス(03-6809-3969)で承ります。

どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

なお電話での受付時間は月〜金 9:00〜17:30となります。